健康・美肌のポイントは“腸内美活”!……鍵を握るのは「ビフィズス菌」 | RBB TODAY

健康・美肌のポイントは“腸内美活”!……鍵を握るのは「ビフィズス菌」

エンタメ 調査

腸内環境の悪化による影響
  • 腸内環境の悪化による影響
  • 腸が気になる頻度
  • 腸の調子の実態
  • 腸内ケアについて
  • 美容の意識を持って腸内ケアしているか
  • 効果の実感
  • 効果的な食糧・成分について
  • 素顔と腸の関係について
 美容を目的とした腸内環境改善のための腸内ケアを、“腸内美活”と名付けて普及活動をおこなっている腸内美活推進委員会は、30代・40代女性を対象とした「素顔と腸に関する調査」を実施した。

 実施時期は、季節の変わり目で肌のトラブルが起こりやすい春の3月19日~3月20日、30代・40代各世代から250名ずつの女性を対象にインターネットで調査をおこなった。その結果、美容のために“腸内美活”を行う人はまだ少数派ながら、そのうちの多くが腸内改善効果を実感していることなどが分かった。


■多くの女性が腸の悩みを抱えている

 まず、腸の調子について聞くと、「よく気になる」が30.8%、「時々気になる」(41.6%)、「たまに気になる」(22.2%)を加えると94.6%でほぼ全ての女性が腸の調子について気になることがあると答えた。その悩みは様々だが、自分の腸内環境が悪いと思うかという質問には、「悪い」もしくは「やや悪い」と答えた人が70.4%にも上り、さらにそれがどんなことに影響すると思うかと聞くと、「肌が荒れる・調子が悪くなる」(83.2%)、「体重が増える・太る」(77.2%)、「ストレスがたまる・生活が楽しめなくなる」(64.4%)、「生活習慣病など、他の病気の原因になる」(60.8%)など、ネガティブな要素が多数上がった。

 腸内ケアについての意識だが、腸内環境改善に効果的だと思うことは「運動する、体を動かす」(92%)、「バランスのいい食生活をこころがける」(88.2%)、「規則正しい生活を送る」(87%)、「はっ酵乳製品や乳酸菌飲料を摂る」(83%)と、生活習慣の改善が効果的という意見が上位に。だが、実際におこなっているケアについては、「はっ酵乳製品や乳酸菌飲料を摂る」が49.4%で一位に。次いで、「バランスのいい食生活」や「食物繊維が豊富な食品を摂る」が続き、手間のかかる生活習慣改善ではなく、こうした食品を摂るといったところから始める、現代女性の忙しい実態が浮き彫りになった。

 腸内ケアに効果的な食べ物、飲み物については、「ヨーグルト・ヨーグルト飲料」(87%)、「ビフィズス菌飲料」(78.2%)、「乳酸菌飲料」(64.4%)となり、効果的な成分については「ビフィズス菌」(83.8%)、「乳酸菌」(79.6%)、「食物繊維」(71.4%)という結果に。ビフィズス菌に対する期待が、乳酸菌よりも高いことが興味深い。


■腸内ケアと“すっぴん”の関係性

 では、“美容”目的で腸内ケアを行う女性はいるのか聞いてみると、美容を意識している「腸内美活派」はまだわずか11.2%。しかし、その約1割の女性に腸内ケアについて聞くと、全ての項目について全体平均よりも積極的に実践しており、特にはっ酵乳製品の摂取頻度をみると、ほぼ毎日が40.8%、週4日以上は63.3%と非常に高い頻度で摂取していることが分かる。

 そんな「腸内美活」派に、腸内ケアは腸内改善に効果があったのかと聞くと、83.3%が「効果があった」と答えており、全体平均の66.6%を大きく上回った。また、腸内環境以外への効果についても、「ダイエット」(46.3%)や「美肌」(37%)、「ストレス減少」(37%)、「デトックス」(33.3%)など多様な効果を実感していることが分かった。

 また、腸内ケアと素顔の関係性を聞いたところ、「すっぴんのきれいさは腸の様子を反映していると思う」が85%で、多くの女性が腸の環境と素顔のきれいさに相関関係があると考えているという結果となった。そして、美容目的で腸内ケアをしている女性ほど、すっぴんに「自信アリ」と回答する傾向にあった。


■腸内環境の専門家も、「ビフィズス菌」が重要とコメント

 腸内環境について、独立行政法人理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室 特別招聘研究員で、腸内環境学が専門の辨野義己(べんのよしみ)先生は、「乳酸菌とビフィズス菌は、分類学的には異なる細菌」であり、「一番大きな特徴は、大腸の重要な善玉菌であること」、とコメント。さらに、「腸内環境をコントロールすることで健康が維持できる」とし、「良い腸内環境は善玉菌であるビフィズス菌が多い環境のこと。」であると述べた。

 辨野先生によると、外から摂ったビフィズス菌は体内に定着しないものの、元々体内にいるビフィズス菌を活性化させる効果があり、毎日摂ることが重要。腸には体全体の免疫担当細胞の6割が集中しているので、ビフィズス菌を活性化させることで免疫力を正常化し、健康的で、肌トラブルなども少ない体調を手に入れることができるとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top