アマゾンウェブサービス、「AWSマーケットプレイス」をオープン……時間単位の課金も可能 | RBB TODAY

アマゾンウェブサービス、「AWSマーケットプレイス」をオープン……時間単位の課金も可能

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

AWSマーケットプレイス
  • AWSマーケットプレイス
  • AWSマーケットプレイス
 米アマゾンウェブサービス(AWS)は4月19日(現地時間)、マーケットプレイスのAWS版となる「AWSマーケットプレイス」をオープンした。さまざまなクラウドアプリを1クリックで購入できる。

 AWSマーケットプレイスではIBM、マイクロソフト、CAテクノロジーズなどの商用ソフトウエアベンダーがアプリケーションを販売する。また、データベース、アプリケーション・サーバー、開発ツールなどさまざまなソフトウエアやサービスが販売される。

 販売形式はアマゾンのノウハウを生かし、「1-Click」技術を流用する。また、ユーザーへの課金もAWSが管理し、1ヵ月単位の課金、あるいは1時間単位の課金も可能だという。これにより、ユーザーは多額の投資をしてソフトウエアを導入するまえに、それらのソフトウエアをテストすることが可能になった。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top