日本初!バステラスにWi-Fiスポット……福岡市内10ヵ所で実証実験スタート | RBB TODAY

日本初!バステラスにWi-Fiスポット……福岡市内10ヵ所で実証実験スタート

ブロードバンド 回線・サービス

導入イメージ
  • 導入イメージ
  • 導入されるバス停一覧
  • バステラス事業の仕組み
 西日本鉄道とエムシードゥコーは、両社が2006年から整備を進めてきた広告付きバス停留所上屋(バステラス)において、ソフトバンクモバイルが「ソフトバンクWi-Fiスポット」を設置し、23日から福岡市内10ヵ所のバス停で実証実験を開始すると発表した。

 実証実験は約5ヵ月間を予定しており、この間、ユーザーの利用状況等を検証した上で、9月以降、福岡市内のバステラスに同サービスを順次拡大する予定とのこと。これまで、他都市のバス車内やバス停標柱でWi-Fiサービスが導入された事例はあったが、バステラスへの導入は日本初の試みとなるという。

 両社は、「バスの待合空間」という従来機能に、「道路上における公共インフラ」機能を付加することで、バス停の利便性・サービス機能の向上を図るとともに、福岡都心部のさらなる魅力向上に貢献できれば、としている。

 福岡市では、2006年11月からバステラスの設置を開始し、現在市内に110基が整備済みとなっている。バステラスの製造、設置、維持管理に関する全費用は、バステラスに添加する広告の広告料収入でまかなっており、今回導入するWi-Fiサービス開始の告知ポスターによる広告料収入も、今後のバステラス整備費用に充てていくとのことだ。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top