富士通、中国初の自社所有データセンターを広東省に開設 | RBB TODAY

富士通、中国初の自社所有データセンターを広東省に開設

エンタープライズ ハードウェア

富士通中国華南データセンター
  • 富士通中国華南データセンター
  • 富士通の主な国内データセンター
 富士通は11日、富士通グループ中国初の自社所有データセンター「富士通中国華南データセンター」を開設した。中国広東省管轄政府系企業と設立した合弁会社「富士通(広東)科技服務有限公司」が運営し、中国の国情および現地ニーズに対応するサービスを提供する。

 「富士通中国華南データセンター」は、最新のITサービスを提供するとともに、ファシリティ管理・運用管理・障害対応などをワンストップで行える、世界基準のデータセンターとのこと。中国現地でも日本同等の高信頼なアウトソーシングサービスを提供するため、自社で計画、設計した中国初の自社所有データセンターだという。

 富士通中国華南データセンターは、延床面積1万2,200平方メートル、Tier3+相当の最新ファシリティを基盤とし、グリーンITに対応した効率的動力設備やロータリUPS(無停電電源装置)、静脈認証装置による入退室管理システム、光ファイバーによる侵入防止システムなども配備する。また、広東省が開発した「広東金融ハイテクパーク」内に立地し、電力供給率99.999%を実現している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top