「AjaXplorer」に複数の脆弱性、ユーザは最新版へのアップデートを(JVN) | RBB TODAY

「AjaXplorer」に複数の脆弱性、ユーザは最新版へのアップデートを(JVN)

ブロードバンド 回線・サービス

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月9日、AjaXplorerが提供する、Ajaxを使ったエクスプローラ風ソフトウェア「AjaXplorer」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「AjaXplorer4.0.3 およびそれ以前」「AjaXplorer3.2.4 およびそれ以前」には、ディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在する。また、認証機能にも問題が存在する。これらの問題が悪用されると、リモートの攻撃者に当該製品で管理している任意のファイルを閲覧される可能性がある。また、ユーザのCookie情報や当該製品が管理しているパスワードファイルを取得されることにより、パスワードを知らない第三者によって、当該製品にログインされる可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top