マイクロソフトがCeBITで基調講演、Windows 8の先進性をアピール | RBB TODAY

マイクロソフトがCeBITで基調講演、Windows 8の先進性をアピール

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

マイクロソフトのニュースリリース
  • マイクロソフトのニュースリリース
  • CeBIT 2012
 米マイクロソフトは6日(現地時間)、ドイツのハノーバーで開催中のCeBIT2012で基調講演を行った。COOのケビン・ターナー氏と米調査会社のアル・ギレン氏が登壇し、コンシューマー・プレビューを公開したWindows 8について語った。

 「Windows 8は、タブレットからデスクトップまでさまざまなデバイスでユーザーを妥協させない。個人ユーザーが求める機能性と企業が求める能力を発揮する」と、ターナー氏は語り、Windows 8を強くアピールした。

 具体的には、「すばらしいユーザー経験」、「妥協のないタブレットでの能力」、「モビリティでの新たな可能性」、「エンド・ツー・エンドのセキュリティ」、「仮想化の向上」、「改善された管理」の6点に分けてその優位性を紹介した。

 Windows 8のデモも行われ、写真ベースのパスワードを設定してセキュリティを向上させる機能などが紹介された。Windows 8は今年後半に発売される見込み。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top