撮影後にピント調整できる!新技術搭載のデジタルカメラ「LYTRO」、出荷開始 | RBB TODAY

撮影後にピント調整できる!新技術搭載のデジタルカメラ「LYTRO」、出荷開始

IT・デジタル デジカメ

撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
  • 撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
  • 撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
  • 撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
  • 撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
  • 撮影後にピント調整が可能な新型カメラ「LYTRO」
 ベンチャー企業の米LYTROは1日(現地時間)、撮影後に自在にピント調整ができるデジタルカメラ「LYTRO」を発売した。ライトフィールドという新しい技術を使っているという。

 従来のカメラでは撮影時にピント合わせが必須で、失敗すればピンぼけ写真になってしまう。また、高速なAF機能を搭載したカメラでも、ピント合わせをしている間にシャッターチャンスを逃すことはよくある。しかし、LYTROは撮影時にピント合わせの必要がなく、撮影した写真に対してピントを調整することができる。

 たとえば花畑の花の写真を撮影するとき、撮影時にはピントを気にせずに撮影。撮影後、写真をパソコンで表示し、手前に大きく写っている花をクリックすればその花にピントがあって、バックの花畑がぼけた写真になる。逆にバックをクリックすれば花畑にピントがあって、手前の花はピンぼけになる。写真に対するピント合わせ操作は下記関連リンクの「作例写真」で実際に体験することができる。

 メーカーのLYTRO社はこのカメラを開発したRen Ng氏が創業した新しい企業で、このカメラが最初の製品となる。カメラ本体は四角い棒状の形で、重さは210グラムほど。8倍の光学ズームを備えている。16Gバイトのメモリを搭載したモデルで750枚の撮影ができる。価格は16Gバイトモデルが499ドル、8Gバイトモデルが399ドルとなっている。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top