【ビデオニュース】テンキー復活! BARタイプのスマートフォン「INFOBAR C01」 | RBB TODAY

【ビデオニュース】テンキー復活! BARタイプのスマートフォン「INFOBAR C01」

 KDDI、沖縄セルラーは16日、「INFOBAR」シリーズからテンキーを搭載したスマートフォン「INFOBAR C01」を発表した。発売は2月上旬以降の予定。

IT・デジタル フォトレポート
「INFOBAR C01」
  • 「INFOBAR C01」
  • 「INFOBAR C01」「NISHIKIGOI」
  • 「INFOBAR C01」「NISHIKIGOI」
  • 「INFOBAR C01」「ICHIMATSU」
  • 「INFOBAR C01」「ICHIMATSU」
  • 「INFOBAR C01」新色の「KIIRO」
  • 「INFOBAR C01」新色の「KIIRO」
  • 「INFOBAR C01」新色の「KIIRO」
 KDDI、沖縄セルラーは16日、「INFOBAR」シリーズからテンキーを搭載したスマートフォン「INFOBAR C01」を発表した。発売は2月上旬以降の予定。

 「INFOBAR C01」は、初代「INFOBAR」、「INFOBAR 2」を連想させるオリジナルのBARタイプで、「INFOBAR」ではお馴染みの「NISHIKIGOI」、「ICHIMATSU」、そして新色「KIIRO」を加えた3色のカラー展開となっている。

 「INFOBAR C01」用に最適化されたiidaUIを搭載し、ホーム画面のカスタマイズ性などは「INFOBAR A01」を継承している。テンキー復活で、ケータイ感覚での文字入力ももちろん可能となった。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信にも対応している。OSはAndroid 2.3、CPUは1.4GHzシングルコア、ディスプレーは約3.2インチのFWVGA/TFT液晶。サイズは約52×130×12.3mm(最厚部約12.5mm)で、重さは約106g。連続通話時間は約370分、連続待受時間は約350時間。

 また、専用アクセサリーとして、深沢直人デザインのカバーと、レザーケースも同時発売される予定。カバーはレッド・ブラック・イエローの3色で、価格は980円。レザーケースは1色のみ、1000個限定で販売され、価格は1980円となっている。

《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top