KDDI、宅内向け無線LANサービス「Wi-Fi HOME SPOT」を2月14日に提供開始 | RBB TODAY

KDDI、宅内向け無線LANサービス「Wi-Fi HOME SPOT」を2月14日に提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「HOME SPOT CUBE」
  • 「HOME SPOT CUBE」
  • 「HOME SPOT CUBE」
  • 「HOME SPOT CUBE」を手に持ち説明する、KDDIの田中社長
  • 「HOME SPOT CUBE」
  • 「Wi-Fi HOME SPOT」概要
 KDDIは16日、au携帯電話ユーザーに対し、宅内向け無線LANサービス「Wi-Fi HOME SPOT」を2月14日から提供開始すると発表した。

 「Wi-Fi HOME SPOT」は、自宅のブロードバンド回線に無線LANアクセスポイント「HOME SPOT CUBE」を接続することで、auスマートフォンだけでなく、PCやゲーム機などのWi-Fi搭載機器を利用できるサービス。au携帯ユーザーのみ利用可能。「HOME SPOT CUBE」は、コンパクトなキューブ型の無線機器で、2.4GHz帯と、5GHz帯を同時に利用でき、スマートフォンから専用アプリ「au Wi-Fi接続ツール」を利用すれば、パスワードの入力が必要なく、ボタンひとつで初期設定を行うことができる。

 「HOME SPOT CUBE」の利用料金は、は月額525円。5月31日までの申込みの場合は420円、「ISフラット」もしくは「プランF(IS)シンプル、プランF(IS)」に加入している場合は105円、このどちらの条件も満たしている場合は月額無料で利用できる。auショップやPiPitおよびau取扱店、auお客さまセンター、auお客さまサポートにて申込み可能。申込みサイトは2月14日の9時から利用できる。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top