スマートフォンの未来の市場規模、アメリカ、中国、日本、インドが上位に | RBB TODAY

スマートフォンの未来の市場規模、アメリカ、中国、日本、インドが上位に

 米Flurryは23日(現地時間)掲載のブログで、現在のスマートフォンの普及状況と将来の市場規模の予測を掲載した。

IT・デジタル スマートフォン
現在のスマートフォン保有台数
  • 現在のスマートフォン保有台数
  • 今後スマートフォンを買うことができる人の人口
  • 市場成熟度が比較的に高い国
  • 市場成熟度が比較的に低い国
 米Flurryは23日(現地時間)掲載のブログで、現在のスマートフォンの普及状況と将来の市場規模の予測を掲載した。

 Flurryは14万以上のアプリケーションの稼働データをもとにモバイル端末のアクセス分析を行なっている。過去30日間の稼働データから算出された結果では、現在スマートフォンの保有台数がもっとも多いのはアメリカで1億900万台、2位が中国で3500万台、日本は5位で1000万台となっている。これらの数値は稼働していないスマートフォンは含まれないため、キャリアなどが発表している数値の合計よりかなり少なくなる。

 今後の市場予測では、アメリカ、中国、日本、インドなどが大きく伸びると予測している。日本は上位3ヶ国より圧倒的に人口が少ないが、現在のスマートフォンの普及率がまだ低く、スマートフォンを購入できる経済力のある人口が多いため、上位に入った。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top