世界初のマイクロプロセッサー「インテル4004」、誕生から今日で40周年 | RBB TODAY

世界初のマイクロプロセッサー「インテル4004」、誕生から今日で40周年

ブロードバンド その他

Intel 4004 - 740KHz / 10-micron(1971年撮影)
  • Intel 4004 - 740KHz / 10-micron(1971年撮影)
  • Intel 4004のダイ(四角部分)(1972年撮影)
  • 関係者の動画も多数公開されている
  • Intel 4004発祥の地、“365 East Middlefield Road”
 米インテル コーポレーションは40年前の本日11月16日に、世界初のマイクロプロセッサー「インテル 4004」を発表した。これを記念し同社は、関係者のインタビュー動画、各界代表のコメントや貴重な画像を公開した。

 現在マイクロプロセッサーは、コンピュータやサーバ、電話、車、カメラ、冷蔵庫、ラジオ、テレビをはじめ、日常的に使用するデジタル機器の内部で「頭脳」的な役割を果たしている。「半導体に集積されるトランジスターの数はおよそ2年で2倍になり、機能と性能が向上する一方、製造コストは反比例して減少する」というムーアの法則は、半導体産業の基本的なビジネス・モデルとして、40年以上にわたり続いているという。

 インテル4004と比べて、最新の第2世代インテルCoreプロセッサーは35万倍以上の性能能力を発揮し、トランジスター1個あたりの消費電力は5,000分の1にまで低下した。またトランジスター1個あたりの価格は、5万分の1にまで低下した。

 インテルCTO(最高技術責任者)のジャスティン・ラトナー氏は「次の40年間に起こる革新は、過去1万年に及ぶ人類史上で起きたあらゆる革新をすべて足し合わせた数と同等、もしくは上回ることでしょう」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top