エージェントレスでサーバの不正変更を検知するソリューションの新版 (トレンドマイクロ) | RBB TODAY

エージェントレスでサーバの不正変更を検知するソリューションの新版 (トレンドマイクロ)

エンタープライズ セキュリティ

トレンドマイクロ株式会社は11月7日、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 8.0(TMDS)」を12月19日より受注開始すると発表した。

TMDSは、サーバのセキュリティに求められる多様な機能(脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視、ウイルス対策)を実装し、エージェントとバーチャルアプライアンスによって物理サーバ、仮想サーバ、クラウド環境に適切なセキュリティ対策を施す総合サーバセキュリティソリューション。

新バージョンでは、バーチャルアプライアンスにヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用した業界初のエージェントレスでの不正変更検知を実装した。クラウド事業者とユーザ企業など仮想インフラの運用者と仮想サーバの利用者が異なる環境において、すべての仮想サーバにエージェントを導入しない場合でも、バーチャルアプライアンスによりサーバ上の不正変更を検知しセキュリティを確保できる。また、同社独自のクラウド技術「Trend Micro Smart Protection Network」を利用した機能を新たに搭載し、総合的な防御力を強化した。
《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top