Android端末を対象に「セキュリティマネジメントサービス」を提供開始(シーイーシー) | RBB TODAY

Android端末を対象に「セキュリティマネジメントサービス」を提供開始(シーイーシー)

エンタープライズ セキュリティ

株式会社シーイーシーは11月1日、マネジメントサービスの第1弾としてAndroid端末自体の安心・安全や、業務利用の際の安心・安全を守る「セキュリティマネジメントサービス」の提供を開始したと発表した。

本サービスでは端末を安心して利用するために、Androidプラットフォーム(OS)やアプリケーションの脆弱性検証のほか、ソフトウェアの利用制限や配信サイトのウイルス対策など、業務利用上で脅威になりうるさまざまな問題点を事前に検証し、最適な対応策を提供する。

本サービスは、「Android端末管理サービス」「Androidアプリ一括セキュリティチェックサービス」「Android脆弱性チェックサービス」「Androidプラットフォームセキュリティチェックサービス」「Androidアプリクラッキング対策サービス」の5種類のサービスで構成されている。同社では、第三者検証サービスの経験やノウハウを基盤に、端末メーカー、プロバイダ(通信事業者含む)、アプリケーションベンダなど、Android関連サービスの提供者向けに、安全と安心を確保するための包括的なセキュリティサービスを提供するとしている。
《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top