リンクス、ENERMAX製で高さ9.2mmの薄型ワイヤレスキーボード | RBB TODAY

リンクス、ENERMAX製で高さ9.2mmの薄型ワイヤレスキーボード

IT・デジタル フォトレポート

「AURORA Lite KB010W-B」
  • 「AURORA Lite KB010W-B」
  • 高耐久パンタグラフキーのイメージ
  • 付属品で本体のクリーニングと収納に使えるカバークロス
  • 英語表記かななし日本語キーのイメージ
  • 本体底部
 リンクスインターナショナルは4日、高さ9.2mmの薄型ワイヤレスキーボード「AURORA Lite KB010W-B」を発表した。販売開始は11日。価格はオープンで、予想実売価格は6,980円前後。

 「KB010W-B」は、ENERMAX製で2.4GHz帯域のワイヤレス接続となるフルサイズキーボード。ボディトップにアルミを採用したことで、本体の高さを9.2mmにまで薄型化した。また、人体工学に基づいたウルトラフルフラット設計により平面に近い形状とし、キータイピングの位置が垂直にストロークするという。

 ABS樹脂にUVコーディングを施すことで耐久性を強化したキートップとし、パンタグラフキー技術シザーズ構造「Scrissors structure」の採用で、ワンキーあたり1,000万回の耐久性を備えたとしている。電源のON/OFFスイッチや無動作時の消費電力を抑えるアイドリングモード/スリープモードなど省電力機能も備えた。

 キー配列は英語表記かななし日本語109キー、キーストロークは2.2±0.5mm、インターフェースはUSB2.0/1.1、対応OSはWindows 7/Vista/XP、バッテリは単4形乾電池×2、本体サイズは幅460×高さ9.2×奥行き160mm、重さは895g。USBレシーバーの本体サイズは幅15×高さ7×奥行き19mm、ワイヤレスの操作可能範囲は最大10m。本体のクリーニングと収納に使えるカバークロスを付属する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top