キヤノン、小型軽量かつADF(自動原稿送り装置)を搭載したドキュメントスキャナ | RBB TODAY

キヤノン、小型軽量かつADF(自動原稿送り装置)を搭載したドキュメントスキャナ

IT・デジタル 周辺機器

imageFORMULA DR-P215
  • imageFORMULA DR-P215
  • imageFORMULA DR-P215
 キヤノンマーケティングジャパンは19日、同社のドキュメントスキャナ「imageFORMULA」シリーズとして、ADF(自動原稿送り装置)を搭載した「DR-P215」を発表した。販売開始は10月27日。価格はオープンで、同社直販Web価格は29,980円。

 同製品は重さ約1kgという軽量コンパクトなボディが特徴。USBバスパワー対応のため電源ケーブルなしでも稼働し、手軽に持ち運んで文書をスキャンできるとしている。AC電源にも対応するが、アダプターは別売となる。

 ADFを搭載したことで、名刺大からA4までサイズが混在した原稿も同時にスキャン可能。両面スキャンに対応するほか、「斜行補正」「白紙スキップ」「文字向き検知」などの画像補正機能も搭載している。

 インターフェースはUSBとなり、データ転送は2.0/電源は3.0に対応する。同規格のケーブルで接続した場合には、A4サイズのカラー原稿を毎分10枚までスキャン可能(縦方向に解像度200dpiの場合)。ドライバーなどをインストールしなくても、ケーブル接続するとすぐに利用できる「プラグ&スキャン機能」に対応する。

 同梱ソフトは名刺管理向けの「やさしく名刺ファイリングエントリー 3」、文書検索に対応したファイリングソフト「ファイル管理革命 Lite」、レシートのスキャンで金額などを自動入力する「やさしく家計簿エントリー」。

 形式はデスクトップ型シートスルースキャナ。光学解像度は600dpi。出力解像度は150×150/200×200/300×300/400×400/600×600dpi。読み取り面は片面/両面。トレー積載量は約20枚(64g/m2紙)。本体サイズはトレー全開時に幅285×高さ174×奥行き257mm、トレー収納時に幅285×高さ40×奥行き95mm、重さ約1kg。
《》

関連ニュース

特集

page top