アップル、第4四半期の業績を発表……前年同期比でiPhone21%増、iPad166%増 | RBB TODAY

アップル、第4四半期の業績を発表……前年同期比でiPhone21%増、iPad166%増

エンタープライズ 企業

ティム・クックCEO
  • ティム・クックCEO
  • iPhone 4S
 米アップル(Apple)は現地時間18日、2011年度第4四半期の業績を発表した。売上高は282億ドル7,000万ドル、純利益も66億2,000万ドルとなった(前年同期は売上高203億4,000万ドル、純利益43億1,000万ドル)。

 Appleは当四半期、1,707万台のiPhoneを販売し、前年同期と比べ、21%の台数増となった。iPadの販売台数は1,112万台となり、前年同期と比べ、166%の伸びとなった。Macは489万台を販売し、前年同期と比べ、26%の台数増となった。iPodについては662万台を販売したが、前年同期と比べ、27%の台数減となっている。

 Apple CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏は「傑出した2011年度を締めくくる力強い業績に身震いしています。これにより、通年売上高が1,080億ドルに、通年純利益は260億ドルに伸びました。iPhone 4Sへのお客様の反応は素晴らしく、ホリデーシーズンに向けた強い勢いがあります。私たちは、今後発表を予定している製品群にとても熱い気持ちを持ち続けています」とのコメントを寄せている。

 なおCFO(最高財務責任者)のピーター・オッペンハイマー氏によると、今期中に生み出した現金は54億ドルにのぼるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top