JVCケンウッド、離れたテレビの音声を手元で楽しめるワイヤレススピーカー | RBB TODAY

JVCケンウッド、離れたテレビの音声を手元で楽しめるワイヤレススピーカー

  JVCケンウッドは17日、離れたテレビの音声を手元で聞けるワイヤレススピーカー「SP-A750」を発表した。販売開始は11月上旬。価格はオープンで、市場想定価格は20000円前後。

IT・デジタル その他
SP-A750(ホワイト)
  • SP-A750(ホワイト)
  • SP-A750(ブラック)
  • SP-A750
 JVCケンウッドは17日、離れたテレビの音声を手元で聞けるワイヤレススピーカー「SP-A750」を発表した。販売開始は11月上旬。価格はオープンで、市場想定価格は20,000円前後。

 同製品は、送信機と受信機から構成される2.4GHzワイヤレス方式対応スピーカー。送信機側をテレビと接続して使用し、両機の最大通信距離は約30m(周囲の環境や建物構造による)。高齢者のテレビ視聴時や、家事などの作業中に音声だけを手元で鳴らす状況など、おもに家庭内での使用を中心に想定している。

 本体は、最大幅160mmのコンパクト設計。リチウムポリマー電池を内蔵しており、内蔵充電池をフル充電した際の連続使用可能時間は最大20時間(使用条件による)としている。充電は送信機上に置くだけのオンスタンド充電となる。

 スピーカーユニットは口径40mm×2、実用最大出力は1W+1W。人の声の帯域を増幅する「はっきり音声」機能を搭載し、ドラマや映画の視聴時を快適にするとうたう。また、高齢者の利用を想定し、音量ダイヤルを大きめにするなど操作性も配慮した。

 受信機本体サイズは幅160×奥行き76×高さ140mm、重さ約462g。送信機本体サイズは幅162×奥行き70×高さ33mm、重さ約138g。インターフェイスは音声入力端子の3.5mm金メッキステレオミニプラグなど。
《》

関連ニュース

特集

page top