【CEATEC 2011(Vol.31)】実効 375Mbpsの超高速データ転送を実現するTransferJetを体感! | RBB TODAY

【CEATEC 2011(Vol.31)】実効 375Mbpsの超高速データ転送を実現するTransferJetを体感!

IT・デジタル 周辺機器

「Atoyomi(あとよみ)」というデモサービスでは、気に入った書籍を選択してスマートフォンに保存する
  • 「Atoyomi(あとよみ)」というデモサービスでは、気に入った書籍を選択してスマートフォンに保存する
  • リーダーのインストールに際しては特別なドライバが必要ではなく、USBマスストレージクラスに対応する機器であればどのようなものでも利用できる
  • TransferJetに対応した機器同志を近づけることでデータの送受信が可能
  • 電子書籍を購入するデモサービス
 TransferJetは、ソニー、東芝、キヤノン、日立、JVCケンウッド、KDDI、サムスンなどからなるコンソーシアムが提唱する近接通信規格だ。1対1の近距離無線通信というと、同じくソニーが開発した「FeliCa」やNFCなどがあるが、両者は別の技術を使っており、干渉はなく両者の併用も可能。

 安全面では、1対1での通信中に第3者の端末が通信圏内に入ってきても第3者からはアクセスができない仕組みになっている。またWi-Fiや携帯電話網などのように帯域をシェアするのではないため、理論値に近い実効スループットが実現できる。現状の規格でも375Mbpsの転送レートが実効値となっている。

 CEATECのTransferJetブースでは、さまざまなな利用事例や参考展示のほか、コンソーシアムに参加する企業の関連製品が展示されたほか、要素技術などの説明パネルも設置された。

《北島友和》

関連ニュース

特集

page top