パイオニア、ストリートダンサーのニーズに合わせたミュージックプレーヤー | RBB TODAY

パイオニア、ストリートダンサーのニーズに合わせたミュージックプレーヤー

IT・デジタル その他

STZ-D10Z(レッド)
  • STZ-D10Z(レッド)
  • STZ-D10S(ブルー)
  • STZ-D10T(グリーン)
  • NSP-D10P(ブラック)
  • NSP-D10P(パープル)
 パイオニアは7日、ストリートダンス市場向けのカルチャーブランド「STEEZ」として、ポータブルミュージックシステム「STEEZ AUDIO」とノンストップミックスプレーヤー「STEEZ PORTABLE」を発表した。

 いずれもストリートダンサーをメインターゲットに、著名ストリートダンサーの意見を取り入れて開発。同ブランドとしては、世界各国のストリートダンサー市場への展開とともに、イベントやワークショップなどの開催も行なうとしている。

■ポータブルミュージックシステム「STEEZ AUDIO」

 価格はすべてオープン。コンパクトサイズの「STZ-D10S」は、販売開始が10月中旬、予想実売価格が25,000円前後。防滴構造・本体への衝撃を防ぐプロテクター装備の「STZ-D10T」は、販売開始が10月中旬、予想実売価格が30,000円前後。同じく防滴構造で大出力・大音量の「STZ-D10Z」は、販売開始が11月中旬、予想実売価格は55,000円前後。

 「STZ-D10S」と「STZ-D10T」は、アンプが2.5W+2.5W、スピーカーが直径40mmフルレンジ×2。「STZ-D10Z」はアンプが10W+10W+20Wサブウーハー、スピーカーが直径26mmトゥイーター×2/80mmフルレンジ×2/135mmサブウーハー。

 3モデルとも、「ダンスバトル」に活用できる「オートバトルモード」を搭載。音楽ジャンルとパフォーマンス時間を設定すると、選曲と音楽のミックス再生、時間のカウントと告知を自動的に行なう。

「DJ MIXモード」では、選択したダンスジャンルにマッチする音楽をライブラリから自動選曲/ミックス再生することも可能。このほか、音程を変えずにテンポを調整する「テンポコントロール」や、設定したポイントから再生する「ダンスCUE」、8拍子単位で早送り/巻き戻できる「エイトスキップ」などの各種機能を搭載した。

以上のダンサー向けモードを利用するには、音楽管理アプリ「MIXTRAX」での音楽取り込みが必要となる。同アプリは、PC内の音楽を解析して同製品の内蔵メモリに転送するもので、同時に解析情報を取り込むことができる。アプリは29日から同社サイトにて無料ダウンロードが開始される予定。

インターフェイスとしてDockコネクタを装備し、iPhone/iPodの再生に対応。このほかは3.5mmステレオヘッドホン出力端子/3.5mmマイク入力端子/USB A端子/MINI USB B端子となるが、「STZ-D10Z」はさらに3.5mm外部入力端子/3.5mmマイク入力端子を装備する。

 「STZ-D10S」はブルー/ピンク/ホワイトの3色展開で、本体サイズは幅319×奥行き94×高さ89mm、重さ08kg。「STZ-D10T」はグリーン/ブラック/レッドの3色展開で本体サイズは幅360×奥行き108×高さ113mm、重さ1.2kg、「STZ-D10Z」はレッドの1色のみで本体サイズは幅632×奥行き221×高さ245mm、重さ7.4kg。

■ノンストップミックスプレーヤー「STEEZ PORTABLE」

 「NSP-D10P」としてブラック/バイオレットの2色展開。販売開始は10月中旬。価格はオープンで、予想実売価格は14,000円前後。

 同製品は、選択したプレイリストから自動選曲/ミックス再生が可能なミュージックプレーヤー。「ノンストップミックスプレイ」機能では、音楽が盛り上がる箇所だけをミックス再生し続けることができる。また、「テンポコントロール」機能のほか、テンポで選曲できる「テンポコントロールサーチ」機能などを搭載。音楽管理アプリ「MIXTRAX」にも対応する。

 メモリ容量は4 GB。ディスプレイはOLED(64×48 ピクセル)。本体サイズは幅39.8×厚み15.5×高さ86.8mm、重さ55g。インターフェイスは3.5mmステレオヘッドホン/MINI USB B端子。
《》

関連ニュース

特集

page top