知人からのメッセージ、2人に1人がURLを気にせずクリック…トレンドマイクロ調べ | RBB TODAY

知人からのメッセージ、2人に1人がURLを気にせずクリック…トレンドマイクロ調べ

ブロードバンド セキュリティ

SNS利用中のメッセージ内のリンクに対する意識(全体)
  • SNS利用中のメッセージ内のリンクに対する意識(全体)
  • 面識ある友人・知人からのメッセージ内のリンクを気にせずクリックすることについて(世代別)
  • 面識ある友人・知人からのメッセージ内のリンクを気にせずクリックすることについて(性別)
 トレンドマイクロは22日、「ソーシャルネットワークサービス(SNS)利用に関するWebアンケート調査」の結果を公表した。調査期間は6月28日~30日で、12歳以上の国内インターネットユーザー618名より回答を得た。

 まず全体的な利用率として、Twitter, mixiは2人に1人、Facebookが3人に1人が利用中となった(Twitter:48.2%, mixi:46.8%, Facebook:29.8%)。そこで、SNSでやり取りされるメッセージ内に含まれるURLのセキュリティ意識について調査を行った。

 この調査によると、Twitter、mixi、FacebookなどのSNSで受け取るメッセージ内のリンク(URL)において、オフラインでも面識のある友人・知人からのメッセージの場合、約半数が「特に気にせずクリックする」ことが明らかとなった。年代別では2~-30代が、40~50代に比べ疑いを持つことが少ない傾向が強く、性別では、やや女性のほうが気にせずクリックする傾向が強かった。

 面識ある友人・知人からのメッセージについては、46.7%が「特に気にせずクリックする」に同意しており、オンラインのみの友人・知人からのメッセージに比べ、同意する率が30%以上高い結果となった。いかなるメッセージでも「特に気にせずクリックする」の同意は4.7%と低かった。ただし「誰からのメッセージであっても警戒してクリックしない」に同意するという人も10.5%見られた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top