アジア圏のソーシャルメディア情報を分析する「Insight Intelligence for Asia」 | RBB TODAY

アジア圏のソーシャルメディア情報を分析する「Insight Intelligence for Asia」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

データセクション
  • データセクション
  • 販売価格
 データセクションは10日、アジア圏のソーシャルメディアを分析するASPサービス「Insight Intelligence for Asia」の提供を開始した。サービス開始当初は中国とインドネシアを対象とし、今後タイ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなどに順次拡大してく予定。

 同サービスでは、現地のソーシャルメディア情報を日次で180万件収集し、ユーザー企業が設定したキーワードでリアルタイムに分析が可能となる。また検索キーワードとして設定したクチコミの件数推移を折れ線グラフで確認できるほか、気になったキーワードでさらに絞り込んで詳細分析を行うこともできる。

 同社は国内向けに、収集したソーシャルメディアのデータに対して自然言語処理解析を活用した分析ツール「Insight Intelligence」を提供しており、「Insight Intelligence for Asia」はそのアジア言語版となる。

 初期費用は50万円で、月額基本料は15万円~となる。同サービスはすでに国内大手食品メーカーに導入されているといい、今後3年間で約300社、売上20億円を目指すという。
《RBB TODAY》

特集

page top