パナソニック電工、スマホやタブレットなどに向けフレキシブル基板材料の生産能力倍増 | RBB TODAY

パナソニック電工、スマホやタブレットなどに向けフレキシブル基板材料の生産能力倍増

IT・デジタル モバイル

フレキシブル基板材料「FELIOS(フェリオス)」
  • フレキシブル基板材料「FELIOS(フェリオス)」
  • 同社南四日市事業所(三重県四日市市)
 パナソニック電工は、スマートフォン携帯電話向けに生産・販売しているフレキシブル基板材料「FELIOS(フェリオス)」の生産能力を倍増すると発表した。スマートフォンやタブレットPCなどモバイル端末の需要拡大を見込む。

 「FELIOS」は、同社独自の面圧成形技術による寸法安定性をもったフレキシブル基板材料。今回、同社南四日市事業所(三重県四日市市)にフレキシブル基板材料の製造ライン100万m2/年を増設し、生産能力を200万m2/年に倍増する。稼働開始は10月を予定している。

 また、今後はほかにも大容量・高速伝送化に対応するLCP(液晶ポリマー)などの高機能フレキシブル基板材料の生産・販売の強化も図り、フレキシブル基板材料事業におけるグローバル販売額は、2013年度に40億円/年を目指すとしている。すでに、光学フィルム(反射防止フィルムなど)の合弁会社設立による事業の拡充も公表としており、スマートフォンやタブレットPCなどのモバイル機器向けの電子材料事業をさらに強化していくという。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top