キヤノンと富士通、オフィス向けクラウドビジネスにおいて協業 | RBB TODAY

キヤノンと富士通、オフィス向けクラウドビジネスにおいて協業

エンタープライズ 企業

Canon Business Imaging Onlineの概要
  • Canon Business Imaging Onlineの概要
  • 「FGCP/S5」紹介サイト
 キヤノンと富士通は3日、クラウド型ドキュメントサービスをグローバルに展開するにあたり、協業することを発表した。

 両社はこれまで、インターネットを利用した複合機やプリンターの遠隔保守サービス、キヤノン製品のライセンス認証管理システムなど、さまざまなシステムの構築や運用において協業し、協力体制を築いている。2010年2月には、プリンティング機器およびIT機器の運用・管理サービスの分野でも協業することに合意している。

 富士通はクラウド基盤「FGCP/S5」(Fujitsu Global Cloud Platform/S5)を全世界で提供しており、キヤノンは自社のクラウドサービス基盤「Canon Business Imaging Online」の高い品質と堅牢性を確保するとともに、クラウド型ドキュメントサービスのグローバルでの展開を実現していく。また、富士通は自社のクラウドサービスと、ドキュメント関連技術に強みを持つキヤノンのクラウド型ドキュメントサービスを連携させて販売していく予定。

 第一弾として、キヤノンが日本では8月下旬、北米では年内から提供する「Canon Business Imaging Online帳票・印刷サービス」を、富士通グループが日本市場および北米市場で順次販売開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top