エプソン、国内最小クラスのA4カラー/モノクロページプリンタを3機種 | RBB TODAY

エプソン、国内最小クラスのA4カラー/モノクロページプリンタを3機種

IT・デジタル 周辺機器

「LP-S620」
  • 「LP-S620」
  • 「LP-S520」
  • 「LP-S120」
 エプソンは、「Offirio(オフィリオ)プリンター」の新製品として、A4ページプリンタ「LP-S620」「LP-S520」「LP-S120」の3機種を発表した。価格はオープン。

 「LP-S620」「LP-S520」はカラーモデルで販売開始は8月、「LP-S120」はモノクロモデルで同7月下旬。同社直販サイト価格は、「LP-S620」が49,980円、「LP-S520」が29,980円、「LP-S120」が14,980円。

■A4カラーページプリンタ「LP-S620」「LP-S520」

 本体サイズが幅394×高さ234×奥行き304mmで、同社調べ7月14日現在、A4カラーページプリンタとして国内最小クラスをうたう。標準価格(税別)4,990円~のトナーを用意し、ランニングコストをリーズナブルにしたほか、TEC値で「LP-S620」が1.32kwh、「LP-S520」が1kwhという省電力性能も備えた。

 また、「LP-S620」はA4カラー12枚/分、モノクロ15枚/秒、「LP-S520」はA4カラー10枚/分、モノクロ12枚/秒の高速プリントを可能とした。さらに「LP-S620」は100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANネットワーク対応となっている。

 おもな仕様として、プリント方式はLED走査+乾式二成分電子写真方式、解像度は600dpi(600×600dpi)でスクリーン処理により1,200×2,400dpi、内蔵RAMは 「LP-S620」128MB/「LP-S520」64MB、インターフェースはHi-Speed USB、用紙サイズは用紙トレイ(MPF)がA4~A5/封筒/ハガキ/不定形紙で、「LP-S620」はさらにトレイカバーがA4~A5/封筒/ハガキ(往復ハガキのみ)/不定形紙、排紙方法はフェースダウン、排紙容量は100枚。本体の重さは約10.6kg。

■A4モノクロページプリンタ「LP-S120」

 本体サイズが幅358×高さ208×奥行き197mmで、同社調べ7月14日現在、A4モノクロページプリンタとして国内最小クラスをうたう。標準価格(税別)4,990円~のトナーを用意し、ランニングコストをリーズナブルにしたほか、TEC値で1.4kwhの省電力性能も備えた。

 ファンレス設計でレディー時の無音(暗騒音)も可能とした。また、A4モノクロ印刷が24枚/秒という高速プリント性能を装備する。

 おもな仕様として、プリント方式はLED走査+乾式二成分電子写真方式、解像度は600dpi(600×600dpi)でスクリーン処理により1,200×1,200dpi、内蔵RAMは64MB、インターフェースはHi-Speed USB、用紙サイズは用紙トレイ(MPF)でA4~A5/封筒/ハガキ/不定形紙、排紙方法はフェースダウン、排紙容量は100枚。本体の重さは約4.6kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top