日本マイクロソフト、本社オフィスの休館など節電対策 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、本社オフィスの休館など節電対策

エンタープライズ 企業

日本マイクロソフトは、7月~9月の3ヵ月間に各種の節電対策を実施
  • 日本マイクロソフトは、7月~9月の3ヵ月間に各種の節電対策を実施
  • Microsoft Lync
  • 「Microsoft Lync」サイト(画像)
 日本マイクロソフトは、7月~9月の3ヵ月間に各種の節電対策を実施する。7月29日と8月15日の2日間に、品川本社オフィスの全館一斉休館を実施するほか、8月にフロアごとに1週間のフロアクローズを行う。

 本社オフィスの全館一斉休館に関しては、建物の空調や各種ファシリティサービスを休止し、消費電力の削減に務める。その間社員は在宅もしくは別オフィスにてリモートで業務を行う。

 また本社オフィスにて、社員食堂と顧客対応フロアを除く20階~29階までのフロアにて、フロアごとの1週間のフロアクローズを8月に実施する。フロアクローズの期間中は、社員は所属以外のフロアでの勤務、もしくは別オフィスや在宅での勤務となる。

 本社全館やフロアごとのクローズ期間中の業務は、同社の企業向けユニファイド コミュニケーション(UC)プラットフォーム「Microsoft Lync」を活用するという。今年2月に品川本社オフィスが開設された際に全社で導入したという同製品は、電話中や会議中、不在などの相手先の状況を確認しながら、IMから電話やオンライン会議などに簡単に切り替えるなど、様々なコミュニケーション手段をシームレスに利用することができる。また、Microsoft Office、SharePoint、Exchangeなどのアプリケーションと連携し、同一の操作性で利用できる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top