NTT東やKDDI、“PC節電サービス”をあいついで提供開始へ | RBB TODAY

NTT東やKDDI、“PC節電サービス”をあいついで提供開始へ

 東日本電信電話(NTT東日本)は27日、「PC省エネサポート」を、約870万の既存の「フレッツ光」契約者および新規契約者向けに、7月1日より無償提供することを発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
NTT東の「PC節電ツール」の概要
  • NTT東の「PC節電ツール」の概要
  • KDDIの「PCリモート管理サービス」の概要
  • 「PC省エネサポート」紹介サイト(画像)
 東日本電信電話(NTT東日本)は27日、「PC省エネサポート」を、約870万の既存の「フレッツ光」契約者および新規契約者向けに、7月1日より無償提供することを発表した。

 「PC省エネサポート」は、これまで「フレッツ光メンバーズクラブ」の会員向けに、ポイントプログラムの交換アイテムとして提供していたツール。利用しているパソコンにツールをインストールするだけで、パソコンの利用実態を学習して電源設定を自動で最適化し、消費電力の削減をサポートする。さらに削減した消費電力量を「CO2排出量」や「円」に換算し、数値およびグラフにて表示する“見える化機能”も搭載する。「PC省エネサポート」のダウンロードは、「フレッツ公式ホームページ」より可能。

 一方KDDIは29日より、法人顧客向けに、クライアントPCを一括管理できる「PCリモート管理サービス」において、PCの消費電力量や削減効果をグラフ等で表示し、消費電力を削減する新メニュー「PC節電管理(エネパルPCパック)」の提供を開始する。

 「PC節電管理 (エネパルPCパック)」も、PC利用者の行動パターンを学習し、自律的に省エネ制御を実施するSaaS型のサービスとなっている。PC1台ごとの消費電力およびCO2排出量を自動でモニタリングし、日および月ごとに使用電力量を可視化するとともに、消費電力のムダを把握可能とした。管理者が全PCの消費電力量や推定削減量等を収集可能。料金は50台~100台の場合で、初期費用213,150円(税込)、年額料金84,000円(税込)より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top