NTTドコモ、自宅での高速パケット通信サービス「ホームU」を来年8月に終了へ | RBB TODAY

NTTドコモ、自宅での高速パケット通信サービス「ホームU」を来年8月に終了へ

 NTTドコモは21日、「ホームU」を、2012年8月31日を持って終了すると発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
サービスイメージ
  • サービスイメージ
 NTTドコモは21日、自宅などにおいてブロードバンド回線と無線LANルータを利用し、FOMA/無線LANデュアル端末で、送受信時最大54Mbpsの高速パケット通信やIP電話(050番号)発着信が可能となるサービス「ホームU」を、2012年8月31日を持って終了すると発表した。

 ホームUは、携帯電話による動画などの大容量コンテンツのダウンロードやアップロード、iモードやiモードフルブラウザでのサイト閲覧を、送受信時最大54Mbpsの通信速度で行えるサービスとして、2008年6月より提供されていた。

 同社はサービス終了について、「現在の事業環境から、経営資源を集中」するためとしている。サービスの新規申込の受付は2011年8月31日までとなる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top