IBM、データセンターの移転支援サービスの提供を開始……数学的モデリングを適用 | RBB TODAY

IBM、データセンターの移転支援サービスの提供を開始……数学的モデリングを適用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
日本IBM
  • 日本IBM
 日本IBMは13日、データセンターの移転作業を支援するサービス「IBMデータセンター統合・移転サービス 論理的依存図分析支援」の提供を開始したと発表した。

 IT機器の移設の際は、予期しないシステム停止が発生しないよう、機器情報や複数機器の依存関係を事前に把握する必要がある。同サービスでは、同社のワトソン基礎研究所が開発した数学的モデリングを適用し、複数のアプリケーションやサーバの依存関係を調査し図示するツール「ADML」(Analytics of Logical Dependency Mapping)を活用する。

 これにより手作業で機器情報や依存関係を調査する場合に比べ、半分程度の時間でサーバやアプリケーションなどの情報や依存関係を調査できると共に、人的ミスによる調査漏れも防ぐことができるとしている。

 販売価格は、機器の台数やデータ量に応じた個別見積りとなるが、同社は一例として、ALDMによる資産情報と論理的依存図作成で、200サーバを対象とした場合200万円からの見込みとなるとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top