【COMPUTEX TAIPEI 2011(Vol.32)】写真でチェックするCOMPUTEX~南港展覧館編 | RBB TODAY

【COMPUTEX TAIPEI 2011(Vol.32)】写真でチェックするCOMPUTEX~南港展覧館編

 6月4日に閉幕した「COMPUTEX TAIPEI 2011」。アジア最大のコンピューター見本市として、本年度は史上最高の出展者数を記録した。ここでは、MicrosoftやIntel、日立、MSIなどが軒を連ねた南港展示館会場を写真で振り返る。

IT・デジタル フォトレポート
美女の呼びかけに場内も興奮
  • 美女の呼びかけに場内も興奮
  • 美女の周囲には必ず人だかりが
  • 話題となったAsusの薄型ノートPC「UXシリーズ」
  • IntelとAsusの存在感が大きい場内マップ
  • 場内ではミニイベントも多数
  • バイヤーやコンパニオン、一般来場者など幅広い顔ぶれ
  • 世界の記者たちを迎え入れるプレスセンター
  • 初日はテレビ取材も多数
 6月4日に閉幕した「COMPUTEX TAIPEI 2011」。アジア最大のコンピューター見本市として、本年度は史上最高の出展者数を記録した。ここでは、MicrosoftやIntel、日立、MSIなどが軒を連ねた南港展示館会場を写真で振り返る。

 近年、世界のデジタル市場で強い影響力を示しているアジア系企業。ここ南港展覧館会場でも、開催地・台湾を地元とするASUSTekやAcerらの存在感が印象に残った。また、IntelやMicrosoftといった欧米側も台湾系企業との連携をアピールするなど、台湾勢の勢いを世界に示す絶好の場となった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top