めざせ火星---NASAが次世代有人宇宙船を開発 | RBB TODAY

めざせ火星---NASAが次世代有人宇宙船を開発

ブロードバンド その他

ロッキードマーチン・オライオン開発
  • ロッキードマーチン・オライオン開発
  • オライオン(イメージ)
  • オライオン(イメージ)
  • オライオン(イメージ)
  • オライオン(イメージ)
アメリカのNASA=国立航空宇宙局は24日、次世代有人宇宙船の開発を表明した。人類がいまだ目にしたり触れたりしたことのない、火星など太陽系内各地へ到達するための計画の一環であり、最初の有人飛行を2016年までに行なう予定だ。

「MPCV」=多目的有人宇宙船と呼ばれる新型宇宙船は、月旅行を目的に開発が進められ、その後計画が中止された「オライオン」有人探査宇宙船をベース開発される。開発は、オライオンを開発していたロッキードマーチン社が引き続き担当する。

MPCVは4人乗り。実績のあるロケットで打ち上げられ、21日間のミッションの後、カリフォルニア沖の太平洋に着水する設定だ。与圧室は19.5立方m、うち居住空間は8.9立方mとなる。安全性は現行スペースシャトルの10倍を開発目標としている。
《高木啓@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top