So-net、“なりすまし”による不正アクセス被害 | RBB TODAY

So-net、“なりすまし”による不正アクセス被害

ブロードバンド セキュリティ

So-net
  • So-net
  • 不正利用の対象ID数
 ソネットエンタテインメントは、“なりすまし”によるID/パスワードを用いた不正なアクセスにより、So-net会員向け「ソネットポイント」の商品交換で不正利用が判明したと発表した。

 特定IPアドレスからの不正アクセス試行回数は約10,000回。「ソネットポイント」にて不正な交換が行われたポイント数は105,500ポイント(約10万円相当)とされる。これに対して、同社では発信元IPアドレスからの不正アクセス施行を遮断するとともに監視を強化。パスワードの変更を呼び掛けている。

 19日までの調査では、情報漏えいの証跡は確認されておらず、So-netのユーザーID、パスワードを用いて会員の住所、氏名、生年月日、電話番号を、第三者にみられた可能性を示す証跡は確認されていないとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top