液晶ディスプレイがタッチ機能対応になる取り付け型フレーム | RBB TODAY

液晶ディスプレイがタッチ機能対応になる取り付け型フレーム

IT・デジタル 周辺機器

日本語での解説はパッケージ背面に
  • 日本語での解説はパッケージ背面に
  • 本体/ドライバ収録CD/USBケーブル/バンド調節用タグで1セット
  • 背面のバンドを用いてディスプレイに装着する
  • 脱着可能なマジックテープ式
  • PCとはUSBケーブルで接続する
  • 本体右上に専用タッチペンを内蔵
  • ドライバの設定は日本語で行なえる
  • 専用タッチペンを使用すれば細かい箇所もタッチできる
 アスクは17日、液晶ディスプレイに装着するとタッチ機能が付加される台湾Awesome Electronic社製タッチパネルフレーム「ATP-2150」の輸入販売を発表した。販売開始は25日。予想実売価格は19,000円。

 同製品は、シングルタッチの抵抗膜方式を採用しており、画面へのタッチでマウスのポインタとして使用可能。ワンタッチがワンクリック、ツータッチがダブルクリック、画面の長押しが右クリックに相当するほか、画面をなぞるとスクロール操作もできる。

 装着は、フレームの左右に付属するマジックテープ式のバンドを用い、ディスプレイの前面から挟み込むように取り付ける。PCとはフレーム本体のUSB端子とUSBケーブルで接続。完了後に付属のドライバーCDでセッティングを行なう。

 液晶サイズは18.5型WSXGA(16:9)、標示領域は416.4×237mm、アクティブエリアは411×231.6mm。タッチパネル解像度は4,096×4,096。対応ディスプレイサイズは21.5インチ/22インチワイド。対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7。カラーはブラック。本体のほか、専用タッチペンが本体に内蔵されている。
《》

関連ニュース

特集

page top