【スマートフォン&モバイルEXPO(Vol.2)】NTTドコモのスマートフォン遠隔制御……SMSを通してリアルタイム制御が可能に | RBB TODAY

【スマートフォン&モバイルEXPO(Vol.2)】NTTドコモのスマートフォン遠隔制御……SMSを通してリアルタイム制御が可能に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ロック後の端末画面(画像はGALAXY S)
  • ロック後の端末画面(画像はGALAXY S)
  • 管理画面。遠隔ロックする端末を選択
  • 「カメラ」「Bluetooth」「外部メモリ」など個々の端末機能を制御する管理画面
  • 利用イメージ図
  • 提供機能一覧
 「スマートフォン&モバイルEXPO」にてNTTドコモは、4月25日に販売を開始した法人向けクラウドサービス「スマートフォン遠隔制御サービス」を展示している。

 同サービスでは、端末紛失時の対策や不正利用防止、端末管理の効率化を目的に、端末の遠隔ロック・解除や初期化、特定フォルダのデータ削除を行うことができる。

 また管理者側から端末へファイルを一斉配信する「ファイル配信」機能が可能であるほか、端末にインストールされているアプリの情報を取得・監視することができる。さらにカメラやアプリケーションの利用制限、発信先の制限など、個々の機能も制御できる。

 他の遠隔操作ソリューションでは、端末が定期的にサーバへアクセスすることで、管理者側からの命令を受けるが、同サービスでは、SMSを通して端末をコントロールするため、ブース内のデモでは、管理者側による制御がほぼリアルタイムで端末に及んでいた。

 月額利用料金は1IDあたり315円。1制御あたりの従量課金は3.15円となっている。「スマートフォン遠隔制御サービススタートキャンペーン」として、4月25日~8月31日までにサービスの利用を開始したユーザーに関しては、9月30日まで月額利用料金および従量料金が無料になるという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top