エディオン、傘下のishimaru・デオデオ・エイデンなど全店に電子マネー決済システムを導入 | RBB TODAY

エディオン、傘下のishimaru・デオデオ・エイデンなど全店に電子マネー決済システムを導入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「エディオン」サイト(画像)
  • 「エディオン」サイト(画像)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • iD(アイディ)
  • Edy(エディ)
 エディオンは18日、JCB、三井住友カード、NTTドコモ、ビットワレット、日本電気の各社と協力して、傘下の店舗において、電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」「iD(アイディ)」「Edy(エディ)」を導入展開することを発表した。

 19日に「エイデン本店」および「デオデオ本店」に導入、以降、2011年6月初旬までに順次、傘下の339店舗に導入する予定。導入対象は、ishimaru(旧石丸電気)・エイデン・ミドリ・デオデオの直営家電店舗全店(合計305店舗)、携帯電話ショップ、ネバーランド広島本店などの直営非家電店舗(合計23店舗)、沖縄県内のフランチャイズ店舗(合計10店舗)。なお、これまでにパイロット店として3月29日に「ミドリ天満橋店」、4月12日に「ミドリ三国店」「ミドリ豊中店」「ミドリみてじま店」に導入済みとなっている。

 今回導入されるのは、ジェーシービーが運営するポストペイ(後払い)方式の非接触型IC決済サービス「QUICPay(クイックペイ)」、NTTドコモが展開するポストペイ(後払い)方式の決済ブランド「iD(アイディ)」、ビットワレットが管理するプリペイド型電子マネーサービス「Edy(エディ)」の3種。なお、三井住友カードについては、iD決済サービス加盟店開拓に関わる各種業務を、日本電気については、電子マネー決済端末とそのシ
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top