VMware、クラウド環境向けのオープンなPaaS「Cloud Foundry」を提供開始 | RBB TODAY

VMware、クラウド環境向けのオープンなPaaS「Cloud Foundry」を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 米VMware社は現地時間の12日、オープンなPlatform as a Service (PaaS)である「Cloud Foundry」の提供開始を発表した。「Cloud Foundry」は、クラウドコンピューティング環境向けに設計され、企業のデータセンターのサービスやパブリッククラウドサービスプロバイダのサービスとして提供される。

 「Cloud Foundry」は、最新アプリケーションの効率的な開発、展開、運用を簡略化し、開発者がクラウド環境において、より優れたアプリケーションの展開、実行、および管理ができるよう支援する。また、企業は、「Cloud Foundry」により、さまざまなパブリックおよびプライベートクラウド、生産性の高い業界標準の開発言語、フレームワーク、およびアプリケーションインフラサービスの採用が可能となる。

 「Cloud Foundry」は、クラウド時代のend-to endアプリケーションの開発、展開、および運用を簡素化するために構築された最新のアプリケーションプラットフォーム。多様なアプリケーションサービスや複数のフレームワーク上のアプリケーションを最適化し、様々なクラウドインフラ上でのアプリケーション展開を自動化する。Java 向けのSpring、Ruby向けにはRuby on Rails、Sinatra サーバサイドJavaスクリプトNode.js、またGrailsなどを含む他のJVMベース フレームワークなど、生産性の高い主要のプログラミングフレームワークをサポートしている。VMwareは、独自のオープンアーキテクチャにより、今後も、その他のプログラミングフレームワークを迅速にサポートしていく予定とのことだ。クリティカルなアプリケーションサービスでは、MongoDB、MySQL、および Redisデータベースのほかに、VMware vFabricサービスのサポートを予定している。

 「Cloud Foundry」は、特定のクラウド環境に制限されず、運用にVMwareインフラを必要としないことが特徴。Cloud Foundry は、VMware vCloudRパートナーによるVMware vSphere上で構築されたもの、VMware以外のパブリッククラウド、またRightScale社によるAmazon Web上での運用サービスなど、あらゆるパブリックおよびプライベート クラウド環境をサポートしている。

 「Cloud Foundry」によるPaaSソリューションは、変化するアプリケーションに対応するための、最新のソリューションとして開発された。PaaSソリューションにより、開発者の効率性を向上させ、開発者はシステムの構成、パッチ適用、ミドルウェアおよび物理マシンの保守に時間を取られることなく、アプリケーションの開発に注力できるようになる。またネットワーク トポロジーを考慮する必要もないとのこと。

 これまでの初期のPaaS ソリューションでは、特定または標準化されていない開発用フレームワーク、アプリケーションサービスセット、またはベンダが運用する各々のクラウドサービスなど、開発者が利用できるものが限定されていた。これら互換性のない独自のプラットフォームは、アプリケーションのポータビリティを制限し、開発者を特定の製品に依存させ、クラウドプロバイダ間または企業独自のデータセンターへのアプリケーションの移動を制限している。

 「Cloud Foundry」によって オープンなPaaSに拡大され、幅広い種類の開発用フレームワークや言語、異種混在のアプリケーションサービスおよびクラウド展開環境に対応するという。また企業においては、「Cloud Foundry」を活用することにより、特定の開発企業への依存度を最小限にしながら、作業の停止やアプリケーションを変更することなく、様々な環境間、クラウドプロバイダ間、企業独自のデータセンター間でアプリケーションを移行できるポータビリティを実現可能だとしている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top