Googleやエネルギー省、世界最大級の太陽熱発電プロジェクトへ出資 | RBB TODAY

Googleやエネルギー省、世界最大級の太陽熱発電プロジェクトへ出資

ブロードバンド その他

カリフォルニア州のモハーヴェ砂漠にて建設中の太陽熱発電所
  • カリフォルニア州のモハーヴェ砂漠にて建設中の太陽熱発電所
  • アイヴァンパ プロジェクト
 太陽熱発電開発企業のブライト・ソース・エナジー(BrightSource Energy)は11日(現地時間)、同社がカリフォルニア州のモハーヴェ砂漠で進めている、世界最大級の太陽熱発電所の建設プロジェクト「アイヴァンパ プロジェクト」で、米エネルギー省からの融資保証16億ドル(約1,340億円)、米グーグルからの出資1億6800万ドル(約140億円)を獲得したと発表した。

 「アイヴァンパ プロジェクト」では、392メガワットの出力が見込まれている。2010年10月に太陽熱発電所の建設が開始され、2013年に完成の見通し。これにより、米国内で太陽熱発電量が現在の2倍となるという。また同プロジェクトへは、NRGエナジーが2010年10月に、3億ドルの出資を表明している。

 尚、米グーグルはこれまでにも、2億5千万ドル(約200億円)をクリーンエネルギー分野に出資してきた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top