米Google、ユーザーが検索結果を評価する「+1」機能を発表 | RBB TODAY

米Google、ユーザーが検索結果を評価する「+1」機能を発表

ブロードバンド 回線・サービス

検索結果を評価できるソーシャル機能「+1」
  • 検索結果を評価できるソーシャル機能「+1」
  • 検索結果画面のリンクに表示された「+1」
 米グーグル(Google)は30日(現地時間)、グーグルの検索結果を評価することができるソーシャル機能「+1」(プラスワン)を発表した。よりユーザーのニーズに合った検索結果の提供を目的としたもの。米国の「Google.com」から展開が開始され、今後は他の地域へも徐々に広げる予定。

 これにより検索結果ページの各リンク右隣とアドワーズ広告に、「+1」ボタンが表示される。ユーザーはその検索結果が気に入った場合や、他のユーザーにリコメンドしたい場合に押すことで、検索結果に対する評価を共有することができる。検索結果ページに、検索されたトピックと関連の深いユーザーが「+1」をしたリンクを表示させることで、検索結果の精度を向上させたい考え。同社では一例として、パスタのレシピの検索時に、料理好きのユーザーが「+1」したリンクを表示させるなどをあげている。

 検索結果に表示させる「+1」については、当初はGoogle関連サービスのネットワークでつながりのあるユーザーのものを用いる予定だが、今後はTwitterなど外部のソーシャルネットワークも取り込んでいく予定だという。

 「+1」を利用するにはGoogleアカウントへのログインが必要となる。Googleプロファイルにて、「+1」したリンクの確認や消去などを行うことができる。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top