ドコモUSA、米国在住の日本人向け携帯電話サービスを開始 | RBB TODAY

ドコモUSA、米国在住の日本人向け携帯電話サービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

NTT DOCOMO USA
  • NTT DOCOMO USA
  • 基本使用料
 NTTドコモの米国現地法人NTT DOCOMO USAは24日(米国時間)、米国在住の日本人向け携帯電話サービス「DOCOMO USA Wireless」を4月6日より開始すると発表した。

 「DOCOMO USA Wireless」では、日本へかける国際電話と日本で使う国際ローミングサービスを提供する2G(GSM/GPRS)サービス。主な料金プランとして、月額基本使用料が15ドル~125ドルまでの範囲で5種類あり、最も安い15ドルのプラン(トークSS)の無料通話分は100分、最も高い125ドルのプラン(トークLL)無料通話分は1,500分となる。余った無料通話分は翌月繰り越しとなる。対応端末は「Nokia 2720」「Nokia 2730」「BlackBerry Curve」(日本語対応)の3機種。また24時間日本語で対応可能なインフォメーションセンターも利用できる。

 米国では通常携帯電話を契約する際は、社会保障番号(Social Security Number)や、現地で発行されたクレジットカードの利用履歴が必要となるが、これらがないユーザーでもパスポートなどでの申し込みが可能となる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top