【地震】クロスランゲージ、ホームページ自動翻訳サービスを被災自治体へ無償提供 | RBB TODAY

【地震】クロスランゲージ、ホームページ自動翻訳サービスを被災自治体へ無償提供

ブロードバンド 回線・サービス

ホームページ自動翻訳サービスを被災自治体へ無償提供
  • ホームページ自動翻訳サービスを被災自治体へ無償提供
  • 申し込みは電話とメールにて受け付け中
 クロスランゲージは14日、11日の東北地方太平洋沖地震の発生を受け、被災自治体や観光協会へ向けた「ホームページ自動翻訳サービス」の無償提供を発表した。すでに申し込み受付を開始している。

 提供するサービスは、自治体や観光協会の日本語ホームページを自動で多言語に翻訳するもの。震災前は70の自治体で導入されていたが、被災地に多数の外国人がいる状況を考慮し、今回の無料提供を決定した。このサービスを利用すれば、日本語の情報をリアルタイムで、英語・中国語・韓国語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語の8言語に翻訳することができる。

 サービス提供を希望した自治体や観光協会へは、同社が自動翻訳用URLを発行する。そのURLを既存の日本語版ホームページに付けると、画面上に翻訳ボタンを表示。閲覧者はこの翻訳ボタンを利用して、翻訳されたサイトの閲覧が可能になる。申し込みは電話とメールで受け付けているが、URLの発行には数日を要する。被災者への情報伝達が必要と判断されるまで提供を続ける予定。

・問い合わせ先
クロスランゲージ 事業本部 マーケティング企画部
電話:03-5215-7633
メール:solution@crosslanguage.co.jp
《》

関連ニュース

特集

page top