エジプト革命で拘束されたGoogle幹部の講演動画……革命発生までの経緯を語る | RBB TODAY

エジプト革命で拘束されたGoogle幹部の講演動画……革命発生までの経緯を語る

ブロードバンド 回線・サービス

ワエル・ゴニム氏
  • ワエル・ゴニム氏
  • TED(Technology Entertainment Design)
 「これはレボリューション 2.0だ。この革命においてヒーローはいない。なぜなら全ての人がヒーローだから」。グーグルでマーケティングを担当する中東・北アフリカの地域幹部 ワエル・ゴニム氏は、1月よりエジプトで発生した大規模な反政府デモについて、こう語った。ゴニム氏は、デモ発生直後の1月27日に警察に拘束され12日間監禁されている。

 YouTubeのTED(Technology Entertainment Design)公式ぺージには、ゴニム氏がエジプトで反政府デモが発生するまでの経緯や自身の考えを語った講演動画が掲載されている。

 「エジプトは30年もの間悪い時代を経験してきた。貧困や、言論・政治活動に対する規制に苦しめられてきたが、人々の心には体制に対する恐怖心が植えつけられており、何もできなかった」とゴニム氏は革命前の状況を述べたうえで、反政府デモにインターネットが果たした役割の重要性を説いている。

 最初のきっかけは、ネットを通じて警察の不正を告発したエンジニアのハーリド・ザイード氏が昨年6月に逮捕され、拷問の末獄死した事件。これをきっかけにフェースブックにページがつくられ、人々が各地で見聞きした体制側の不正や、それに対抗するためのアイデアが投稿されるようになった。

 その中でも「最もばかげたアイデアの一つ」とゴニム氏が語るのは、街路に出て黒い服に身を包みただ静かに立つことで、反抗の意思表示をするというもの。アレクサンドリアで行われた最初の試みには、何千人もの人々が集まったという。結局警察によって鎮圧されてしまったものの、エジプトのデモの直接のきっかけになったチュニジアの騒乱が昨年末に起こるまで、運動は発展し続けたという。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top