主婦の7割「毎日時間が足りない」と実感、買い替えたい家電トップは「洗濯機」 | RBB TODAY

主婦の7割「毎日時間が足りない」と実感、買い替えたい家電トップは「洗濯機」

エンタメ 調査

家事の中で「もっと時間を短縮したい」ものは何ですか?
  • 家事の中で「もっと時間を短縮したい」ものは何ですか?
  • 現在使用している洗濯機に不満はありますか?
  • 今すぐ買い替えたいと思っている家電は何ですか?
 トレンダーズは2日、20~49歳の主婦に対して実施した、「家事」と「洗濯」に関する意識調査の結果を公表した。調査期間は2月16日~17日で、20~49歳の主婦(有職・無職、子供あり・なし含む)500名から回答を得た。

 ほとんどの主婦は、さまざまな家事によって時間をとられているわけだが、まず、「毎日の生活のなかで時間が足りないと感じますか?」と聞いたところ、72%の人が「感じる」と答えており、主婦の7割が時間が足りないと感じているという結果になった。「もっと時間を短縮したい家事は何ですか?」と聞いたところ、「部屋の掃除」(54%)、「料理」(52%)、「部屋の片付け」(45%)、そして「洗濯(洗濯物干し含む)」(38%)という順になった。一方で「『頑張っても家族から褒められない』と感じる家事は」と聞いたところ、「洗濯(洗濯物干し含む)」が59%でもっとも多かった。

 とくに「洗濯」については、頑張っても家族から褒められないだけに、さまざまなストレスがたまっている模様で、「洗濯に関してストレスに感じていることは何ですか?」と質問したところ、「洗濯物がなかなか乾かない」(37%)、「毎日洗濯物が溜まる」(31%)、「干すのが面倒くさい」(30%)、「汚れが落ちにくい」(25%) 、「洗濯槽の汚れ」(25%)、「生乾きのニオイが気になる」(23%)、そして「時間がかかる」(23%)と、あらゆる面で不満な点があげられた。とにかく洗濯作業はステップも多く、時間を取られてしまう、というのが主婦の実感のようだ。実際「出かける際など、時間がないときに洗濯機が回り終わらず、困ったことはありますか?」と聞いてみると、71%が「ある」と回答している。

 今すぐ買い替えたいと思っている家電は何ですか?」と聞くと、「洗濯機」(25%)が1位となっている。ちなみに以下は、「掃除機」(21%)、「電子レンジ」(19%)、「冷蔵庫」(16%)、「炊飯器」(16%)の順となった。単純に使用頻度だけで見れば、毎日使う炊事家電よりも不満度が高いというのが現状のようだ。「現在使用している洗濯機に不満はありますか?」と質問すると、56%と過半数が「不満がある」と回答。さらに「洗濯機に求める機能は何ですか?」と聞いたところ、68%の主婦が「洗浄力」と回答。続いて「節水・節電」(53%)、「洗濯容量が大きい」(29%)、「スピード」(26%)となった。時間を短縮するための「スピード」のみならず、「洗浄力」「節水・節電」など、主婦が洗濯機に求める機能も、やはり多岐にわたるようだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top