KDDI、海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

料金イメージ
  • 料金イメージ
  • 料金詳細
 KDDIと沖縄セルラーは21日、au携帯電話やスマートフォンの海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」の提供を発表した。3月1日より提供が開始される。

 「海外ダブル定額」は、au携帯電話やデータ通信量の多いスマートフォンでも安心して海外でのパケット通信を利用できるよう提供される海外パケット定額サービスで、au携帯電話の国内パケット通信料定額サービス加入者が対象だ。「海外ダブル定額」を利用できるエリアは、アメリカ、中国、韓国、台湾、香港、ハワイ、サイパン、タイ、シンガポール、オーストラリア、イギリス、アイルランド、スペイン、フランス、モナコ、オランダ、ベルギー、スイス、リヒテンシュタイン、ドイツ、チェコ、ロシア、カナリア諸島の23の国・地域、28事業者。

 サービスの利用条件は、パケット通信料定額サービス(一部料金プラン含む)「ダブル定額」「ダブル定額ライト」「ダブル定額スーパーライト」「ISフラット」「プランE」「プランEシンプル」「プランF(IS)「プランF(IS)シンプル」「パケット割WINミドル」「パケット割WINスーパー」のいずれかの契約が必要となる。なお、対象ユーザーは特別な申込みは不要だ。

 また、「海外ダブル定額」の提供開始に合わせ、3月1日午前10時~3月31日午後11時59分59秒(日本時間)まで「海外でauデビューキャンペーン」が実施される。期間中にキャンペーンにエントリーの上、「グローバルパスポート」を利用したユーザーの中から、抽選で100名の方に1万円がプレゼントされる。

 また、各機種に対応する「グローバルパスポート」の設定方法や利用方法を案内したEメールを受け取ったり、オリジナルのデジタルコンテンツ「世界時計待ち受けFlash」を入手できる。渡航先に応じた世界時計をダウンロードして待受画面に設定すれば、携帯電話の時計設定を現地時間にするだけで、現地の時間と日本の時間が一目で確認できる。アクセスは、EZweb対応機種で「グロパス」で検索。スマートフォン、PCからは「http://gp-au.jp」にアクセス。なお、キャンペーンサイトは3月1日に公開される。

 「海外ダブル定額」の価格は、海外での特定事業者利用における1日あたりのパケット通信の利用額40,000円相当 (au携帯電話の場合、CDMA対応エリアでは約11.4万パケット、GSM対応エリアでは約4万~約20万パケット。スマートフォンの場合は約20万パケット)までを1,980円、それ以降は最大2,980円の2段階定額で利用できる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top