パナソニック、画面をさわらずジェスチャーで操作できるポータブルテレビ | RBB TODAY

パナソニック、画面をさわらずジェスチャーで操作できるポータブルテレビ

 パナソニックは21日、ポータブルの小型地上デジタルテレビとして「DMP-BV300」「DMP-HV200」「DMP-HV150」を発表。3月18日に発売する。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
ジェスチャー対応の小型テレビ「DMP-HV200」(左)
  • ジェスチャー対応の小型テレビ「DMP-HV200」(左)
  • Blu-rayディスクプレーヤーを内蔵した「DMP-BV300」(シルバー、レッド)
  • ジェスチャー操作一覧
  • ジェスチャー機能の詳細
  • 8.9型一体型ポータブルBDプレーヤー「DMP-B200」
 パナソニックは21日、ポータブルの小型地上デジタルテレビとして「DMP-BV300」「DMP-HV200」「DMP-HV150」を発表。3月18日に発売する。価格はオープン。

 いずれも10.1型液晶(1,024×600ピクセル)を搭載し、地上デジタル放送(ワンセグ含む)に対応。アンテナ受信には「4アンテナ4チューナーダイバーシティ方式」を採用し、4本のアンテナを本体に内蔵。家屋内の好きな場所でケーブルレスで放送を楽しめるとした(ただし、電波状況や屋内の構造などで受信できない場合もある)。

■BDプレーヤー内蔵や無線LAN対応など、色づけの違う3機種を用意

 上位の「DMP-BV300」はBlu-ray ディスクプレーヤーを内蔵。DVD、BD VideoやBD-R、BD-RE、AVCREC形式のディスクを再生可能。SDXC対応のSDカードスロット、HDMI端子、USB2.0×2、LAN(100BASE-TX/10BASE-T)を搭載し、スピーカー出力は500mw×2。本体サイズは幅260×高さ199.5×奥行き55.1mm、重さは1,714g(バッテリ含む)。予想実売価格は80,000円前後。

 web接続することで、Panasonic Cookingが提供する「おうちごはん」のレシピを閲覧可能。キッチンでレシピを見ながらの作業が行なえるとした。レシピサイト閲覧は他機種も共通し、キッチンで利用する場合を想定し、すべての機種でIPX3相当の水滴に強い防滴構造とした。ほかにYouTube閲覧が可能となっている。

 別売りのコミュニケーションカメラ「TY-CC10W」との併用で、Skypeを用いたテレビ通話が可能。Skypeの際、「DMP-BV300」のみの機能として、「待ち受けスタンバイ」「一発起動ボタン」「SD留守電機能」を設けている。

 中位の「DMP-HV200」は、唯一、無線LAN(802.11n)を内蔵したモデルだが、BDプレーヤーは非搭載。また、これのみ独自機能として非接触センサーによる「ジェスチャーコントロール」を採用し、5~10cmほどの距離であれば、手を左右に動かすことで、画面にさわることなくチャンネル切り替えなどが可能。また、手をかざすだけで音量調節が行なえる。ただし、ジェスチャー機能はチャンネル操作、レシピサイト閲覧、音量調節に限られる。

 SDXC対応のSDカードスロットを搭載するが、HDMIは非搭載。USB2.0は1基。有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)も搭載し、スピーカー出力は800mw×2。本体サイズは幅260×高さ208×奥行き122mm、重さは1,120g(バッテリ含まず)。予想実売価格は53,000円前後。

 下位の「DMP-HV150」は、無線LAN非搭載モデルで、そのほかのおもな仕様は「DMP-HV200」と同じ。予想実売価格は43,000円前後。

■8.9型一体型ポータブルBDプレーヤー「DMP-B200」

 同時に、8.9型液晶(1,024×600ピクセル)を搭載した一体型ポータブルBlu-ray プレーヤー「DMP-B200」も発表し、同じく3月18日に発売するとした。価格はオープンで予想実売価格は60,000円前後。

 Blu-ray ディスク、DVDの再生に対応。SDXCカード対応のSDカードスロットを備え、SD経由でAVCHDの記録映像も再生可能となっている。そのほか、HDMI出力端子の搭載により、大画面テレビへの出力も行なえる。スピーカー出力は500mw×2。本体サイズは幅238×高さ52.7×奥行き188.3mm、重さは約1,372g(バッテリ含む)。
《小口》

関連ニュース

特集

page top