ジャストシステム、MS Office互換ソフト群を今夏提供……Word・Excel・PowerPoint互換ソフトを搭載 | RBB TODAY

ジャストシステム、MS Office互換ソフト群を今夏提供……Word・Excel・PowerPoint互換ソフトを搭載

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「JUST Office」ロゴ
  • 「JUST Office」ロゴ
  • 「オフィス統合ソフトJUST Office」サイト(画像)
 ジャストシステムは12日、法人向けのライセンス製品として、Microsoft Officeと互換性があるオフィス統合ソフト群を、2011年夏より発売すると発表した。民間企業向けの「JUST Office」、官公庁・自治体向けの「JUST Government」、警察機関向けの「JUST Police」の3製品を提供する。

 これら3製品は、表計算ソフトやプレゼンテーションソフト、ワープロソフト、メールソフトなど業務に必要となるソフトウェア群で構成されており、Microsoft Officeで作成した文書の読み込み、保存に対応する。Microsoft Officeで作成した文書は、ダブルクリックすることでこれらのオフィス互換ソフトが起動して編集でき、作成した文書は自動的にMicrosoft Office形式で保存される。Microsoft Office 2003の操作に関する知識があれば、新たな操作習得の必要なく、すぐに使いこなせるとのこと。さらに、PDF作成ソフトや、トナー・インクを節約できる機能も搭載する。

 製品に搭載予定の新規開発ソフトは、Excel互換の表計算ソフト「JUST Calc」、PowerPoint互換のプレゼンテーションソフト「JUST Slide」、Word互換のワープロソフト「JUST Note」、日本語ワープロソフト「一太郎Pro」、日本語入力システム「ATOK Pro for Windows」。さらに管理者向けツールとして、ライセンス管理ツール「JUST AppDesk(ジャストアップデスク)」、エコ印刷ツール「JUST InkCutter(ジャストインクカッター)」、企業向けアップデート管理ツール「JUSTオンラインアップデートfor J-License」などで構成される。

 なお日本語ワープロソフト「一太郎Pro」互換性を強化した法人専用の一太郎。作成文書を.doc形式で自動保存できるほか、Microsoft Word互換のユーザーインターフェイスモードを追加搭載している。日本語入力システム「ATOK Pro for Windows」は企業内で統一した入力環境を構築できる法人専用の「ATOK」。企業内での言葉の統一や誤用防止が可能となっている。「JUST AppDesk」は、導入パソコン数と使用者名、マシン名など、社内導入状況の確認などが行える。エコ印刷ツール「JUST InkCutter」は文書の印刷時、最大75%のインクとトナーの消費を抑制できる。管理者による一括設定が可能で、本オフィス互換ソフト以外のソフトウェアからの印刷に対しても設定が行える。

 同社では、これらのオフィス互換ソフトのスムーズな導入と運用を支援するため、セキュリティ対策や人的支援、技術情報の開示を含む充実したサポートを提供するという。また、今後、法人からの要望を反映した機能強化を積極的に行っていくとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top