レノボ、ノートPC「Lenovo G560」のタッチパッドの仕様違い……交換修理を実施 | RBB TODAY

レノボ、ノートPC「Lenovo G560」のタッチパッドの仕様違い……交換修理を実施

 レノボ・ジャパンは、同社製ノートPCの一部に仕様の異なるタッチパッドを搭載した製品が含まれていたことが判明したと発表。交換修理に応じ、2011年1月5日から受付を開始する。

IT・デジタル ノートPC
対象となる「Lenovo G560」
  • 対象となる「Lenovo G560」
  • タッチパッドの仕様違い(左:本来の仕様/右:異なった仕様)
 レノボ・ジャパンは、同社製ノートPCの一部に仕様の異なるタッチパッドを搭載した製品が含まれていたことが判明したと発表。交換修理に応じ、2011年1月5日から受付を開始する。

 対象となるのは、9月22日に発表した15.6型液晶ノートPC「Lenovo G560」の「06798UJ」「06799SJ」「06798QJ」「06799PJ」「06798NJ」。本来の製品仕様では、左右ボタンが分離独立しているタイプのタッチバッドであるが、一部ロットにタッチパッドとボタンが一体となったタイプの製品が誤って出荷されていた。原因は、製造工程上での管理不行き届きにあるという。

 仕様が異なることで機能的に問題はないとしているが、該当機種で、タッチパッドとボタンが一体となったタイプの製品を所有し、本来の左右ボタンが分離独立しているタイプのタッチパッドを希望する場合は、タッチパッド部分の交換修理に応じる。

■問い合わせ窓口
電話番号=0120-277-874
受付時間=10:00~18:00 ※土・日・祝日・年末年始(12/30~1/3)を除く、月曜日から金曜日まで
対応期間=2011年3月31日まで ※2011年1月5日から受付開始
《加藤》

関連ニュース

特集

page top