KDDI研、ケーブルテレビやIPTVに対応可能なAndroid搭載STBを試作……Embedded Technology 2010に出展 | RBB TODAY

KDDI研、ケーブルテレビやIPTVに対応可能なAndroid搭載STBを試作……Embedded Technology 2010に出展

 KDDI研究所は11月30日、Androidを搭載した端末としては初めて、日本ケーブルラボ運用仕様、ならびにIPTVフォーラム技術仕様に準拠したSTB(セットトップボックス)を試作したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
Android搭載STB試作機の外観
  • Android搭載STB試作機の外観
  • 試作STBの利用イメージ
 KDDI研究所は11月30日、Androidを搭載した端末としては初めて、日本ケーブルラボ運用仕様、ならびにIPTVフォーラム技術仕様に準拠したSTB(セットトップボックス)を試作したことを発表した。

 携帯電話プラットフォーム「Android」は、Linuxカーネル上にDalvik VMを搭載しており、高いアプリケーション互換性を実現するアーキテクチャを持っているため、組込機器のOSとしても注目されている。KDDI研究所では、このAndroidプラットフォームをSTBに採用することで、STBと携帯端末との間でのアプリケーションやサービスの連携が簡単になるとともに、Androidの膨大な開発資源やノウハウを活用することでコスト並びに開発期間の削減が可能となると考え、今回の試作機を作成したとしている。また、ケーブルテレビとIPTVの両方において共通プラットフォームとして採用することにより、ポータルや番組表などの基本STB機能を始め、情報家電やクラウドとの連携など幅広いサービスを横断的に展開することが可能とのこと。

 このSTBでは、基本機能として、(1)IPTVフォーラム技術仕様準拠のIPマルチキャスト・VOD受信機能(2009年11月に発表)、(2)日本ケーブルラボ運用仕様に準拠したケーブルテレビ放送の受信機能を備え、Android上のソフトウェアとして(3)通信・放送連携アプリケーションの構築・提供が可能となっている。

 今回試作されたAndroid搭載STBは、12月1日よりパシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2010」のOESF(Open Embedded Software Foundation)ブースに出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top