【CEATEC JAPAN 2010(Vol.12)】富士通、DNAを用いた革新的なバイオセンサー技術を紹介 | RBB TODAY

【CEATEC JAPAN 2010(Vol.12)】富士通、DNAを用いた革新的なバイオセンサー技術を紹介

ブロードバンド その他

DNAの動作の可視化
  • DNAの動作の可視化
  • 約1分の動画も公開中
 富士通は4月に発表した新しいバイオセンサー技術を「CEATEC JAPAN 2010」で展示紹介する。

 富士通研究所とミュンヘン工科大学ウォルターショトキー研究所は、バイオセンサー技術の研究を2001年から共同で開始していた。

 同技術は、DNAが水溶液中では負に帯電する特性を利用し、電極に対して交互に正と負の電位をかけることで、DNAを電極に引き寄せたり離したりする技術。DNAの先端に目印としてつけた色素の蛍光が、電極から離れていると明るく、電極に近づくと暗くなる性質を利用しDNAの動作を可視化する。測定時間を従来の100分の1に短縮でき、かつ100分の1のサンプル量で精度の高いタンパク質の計測が可能になるという。これにより病気診断の飛躍的な向上を見込んでいる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top