牛乳プリンのホモちゃんの誕生秘話を公開 | RBB TODAY

牛乳プリンのホモちゃんの誕生秘話を公開

エンタメ 調査

サイトトップページ
  • サイトトップページ
  • ホモちゃんのひみつページ
  • 昭和27年誕生当時のホモちゃん
 知っていそうで実は知らないキャラクター。そんなキャラクターは世の中に案外多い。森永乳業の牛乳プリンのキャラクター「ホモちゃん」も、見かけたことはあるがどんなキャラクターであるかは知らない人が多いのではないだろうか。

 森永乳業は、「森永牛乳プリン」発売15周年を記念した商品サイトを4日からオープンしている。同商品サイトでは同社の牛乳プリンのキャラクターである「ホモちゃん」に関する様々な情報が掲載されている。また「ホモちゃん」デザインのGoogleテーマがダウンロードできる。

 「牛乳プリンとホモちゃんのひみつ」と題されたコーナーでは、ホモちゃんの誕生の秘密や名前の由来などを知ることができる。ホモちゃんは、びん牛乳の「森永ホモ牛乳」のキャラクターとして昭和27年に誕生した。この頃のホモちゃんには手足が描かれており、現在とは異なる、全身ホモちゃんとなっている。

 ホモちゃんの名前の由来は、「均質化」という意味の「ホモジナイズド」。ホモジナイズド製法は牛乳の中の大きな脂肪のつぶを細かくする技術で、これによりなめらかで消化のよい牛乳の製造が可能になるという。現在の市販の牛乳のほとんどがこの製法により均質化されているが、昭和27年当時では珍しい製法であったという。さらに昭和28年には詩人のサトーハチローさん作詞による「ボクはホモちゃん」という歌が民間ラジオ放送で放送されている。

 牛乳プリンは平成7年に発売され、現在までに珈琲牛乳プリンやバナナ牛乳プリン、桃の牛乳プリンなど様々な種類が生まれてきたが、それと共にリボンをつけたホモちゃんや、きりっと濃い顔のホモちゃん、合格祈願バージョンなど色々な表情のホモちゃんがお目見えしてきた。牛乳プリン発売15周年を記念して、10日から期間限定発売されるプレミアムスイーツ「プレミアム牛乳プリン」では、王冠をつけたホモちゃんを見ることができる。

 同社は「プレミアム牛乳プリン」に発売に併せて、男女500名に対してプレミアムスイーツに関する意識調査を実施している。「プレミアムスイーツに、興味がありますか?」という質問には、89%が「ある」と回答、20代女性では96%が「ある」と答えた。また「プレミアムスイーツのどの点に”プレミアム”を感じますか?」という質問では、最も多かった回答が「濃厚さ」(68%)となっており、次いで「味わい」(67%)、「値段」(45%)となった。また同質問に対して「限定感」と答えたのは男性の25%、女性の43%で、女性のほうが商品の限定感を重視するという結果になった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top