マイクロソフト、「Office for Mac 2011」を10月27日から日本で発売開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、「Office for Mac 2011」を10月27日から日本で発売開始

IT・デジタル マイクロソフト

優待アップグレードキャンペーンを本日から開始
  • 優待アップグレードキャンペーンを本日から開始
  • 「Office for Mac 2011」のUIイメージ
  • 「Office for Mac 2011」のUIイメージ
 米マイクロソフト(Microsoft)は現地時間2日、Mac向けのオフィス統合ソフト「Office for Mac 2011」を10月27日から発売することを発表。100ヵ国以上での発売となり、この中には日本も含まれる。日本での価格は現在のところ未定。

 同製品は、オフィス統合ソフトの Mac 版で、「Office for Mac Home and Business 2011」「Office for Mac Home and Student 2011」の2エディションをラインアップする。

 一般向けの「Office for Mac Home and Business 2011」には、「Word for Mac」「PowerPoint for Mac」「Excel for Mac」「Outlook for Mac」「Messenger for Mac」が含まれる。1台のMac用の「1パック」と、最大2台にインストール可能な「2 パック」の2バージョンでの提供となる。

 下位の「Office for Mac Home and Student 2011」は、「Office for Mac Home and Business 2011」から「Outlook for Mac」を省いたバージョン。1台のMac用の「1パック」と、家庭にある最大3台までのMacにインストール可能な「ファミリーパック」の2バージョンを用意した。また、学生・教職員向けの1ライセンス提供版「Office for Mac Academic 2011」も別途用意されている。

 言語は英語、日本語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ノルウェー語、スペイン語など計13ヵ国語で提供。今後、ポーランド語やロシア語も追加していく見込みだという。

 同社では同日から「Office for Mac 2011 優待アップグレード キャンペーン」を開始。2010年8月3日~11月30日まで「Office 2008 for Mac」シリーズの対象製品を購入したユーザーは、3,000円(税込)の優待価格で「Office for Mac 2011」へのアップグレードが可能となる。別途申し込みが必要で、申し込み期限は2010年12月31日。
《小口》

関連ニュース

特集

page top