日本オラクル、BI製品群「Oracle Business Intelligence 11g」を発表 | RBB TODAY

日本オラクル、BI製品群「Oracle Business Intelligence 11g」を発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 日本オラクルは29日、顧客の業務の可視化および連携を実現する拡張性の高いビジネス・インテリジェンス製品群「Oracle Business Intelligence 11g」を発表した。

 「Oracle Business Intelligence 11g」は、リレーショナルOLAP(R-OLAP)、多次元OLAP(M-OLAP)およびエンタープライズ・レポートを共通の技術基盤上に統合するソリューション。新たなOLAP分析機能は「Oracle Essbase」および一般的なリレーショナル・データソースに保存された階層データへのアクセスおよび利用を共通のインターフェイスで実現した。

 新しく統合された「Oracle BI Publisher」のレポート設計により、インタラクティブなウェブベースのレポートおよび高品質なレポートの作成を可能にしたほか、「Action Framework」によって、業務プロセスやWeb・サービスなどのアクションをダッシュボードから直接実行できる。また新たに「Oracle Scorecard&Strategy Management」が「Oracle BusinessIntelligence 11g」に統合され、企業の戦略および目標と連動した指標やKPI(主要業績評価指数)の追跡を支援する。新ユーザーインターフェイスでは、マップ可視化機能など幅広い最新のインタラクティブなチャートおよび分析機能を提供している。

 「Oracle WebCenter Suite 11g」「Oracle Secure Enterprise Search」「Enterprise Performance Management(EPM)System」「Oracle Enterprise Manager 11g」との緊密な統合によって、パフォーマンス、拡張性、セキュリティが向上した点も特徴となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top